[libGDX] Extensions

libGDXでプロジェクトを作成する際に選択するExtensionsについて。

Bullet

3Dゲームを作成する際の衝突判定やぶつかりあう表現を実現できるライブラリ。のようだ。

Freetype

BitmapFontを利用する時に利用するエクステンション。ただし、HTML出力はできないので、Sub ProjectsのHtmlはチェックを外さなければならない。HTML出力を考えている場合、Freetypeは使えない。

Tools

多分libgdxのtoolを開発環境で使用できるようになる?

Controllers

コントローラーを使って行うゲームを作成する際に使用するライブラリ。

Box2d

物理演算のためのライブラリ。開発の際、数学的な知識がなくても放物線を描いてボールを飛ばすことや、それらがぶつかり合う表現などを簡単に実現できる。

Box2dlights

おそらく光の表現を可能にするライブラリ。

Ashley

ゲーム制作において徐々に複雑化するゲームループをシンプルに記述できるようにするためのフレームワーク。

Ai

ゲームにはしばしばプレーヤーが直接操作せず、自動制御を行うキャラクター(NPC)が登場するが、その動きを実装するために必要な仕組みを集めたライブラリ。例えば敵がプレーヤーに近づく際、障害物を避けて通るルートを計算してくれる機能などがある。

 

その他にもShow Third Party ExtensionsでOverlap2Dとかが選択可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です