Overlap2D

新しいアプリ作ろうと思って「Overlap2Dってどうやるんだったっけ」と思って自分のブログ記事を探してみたら、なんとないではないか。Overlap2Dに関する記事を書いていたと思ったら書いてなかったのか。というわけで自分のために書きます。

まずlibGDX作成(参考

SubProjects: DesktopとAndroid選択。Desktopは作成時の色々確認用。

Extensions: FreeType, Box2d, Box2dlight, Ashley, Ai選択。

Show Third Party Extensions: Overlap2Dを選択。

で、Generate。

libGDX作成後、Android Studioで。

作成したフォルダをImport project (Eclipse, ADT, Gradle, etc.)でインポート。

Desktopを選んだ場合、View -> Tool Windows -> Gradleで:desktop/Tasks/other/runをダブルクリック。この時にパソコンにスマホを繋いでおかないとなんかエラーが出る。もしかしたらエミュレータ立ち上げるだけでもOK?ウィンドウが立ち上がって赤字に悪い顔のおなじみの画面が表示されればOK。

一番上の階層のbuild.gradle中の

を、

に変更。Overlap2Dのバージョンに合わせる。

画面遷移は必ずするだろうから、作製したクラス(core中)をGameをextendsしたものに書き換える。MyScreenAdapterの作成。MyScreenAdapterを継承したクラスを作成。(参考

Overlap2Dでシーンの作成

exportの場所はandroid/assets。

サイズは800 x 480 で作っているが最近のスマホの解像度を考えるともうちょっと高解像度でもいいのか?

できたらexport。

Android Studioで

読み込みたいスクリーンでシーンローダーの記述を記載。

 

これで基本的な部分は実装完了。

 

(参考)

http://overlap2d.com/

Runtimes Documentation

https://github.com/UnderwaterApps/overlap2d-runtime-libgdx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です